旦那せんせに惚れ直した話。ただのノロケ。

スポンサード

先週末友達のお家にご飯を食べに行った。その日旦那せんせも草野球行くって行ってたので、ちょうど良い。
「週末あやぼちゃんちに遊びに行ってくるねー」って言ったら、「よかったねー。お酒は帰ってこれる程度にね(笑)」などと言われるアタクシ。はい。ちゃんと帰ります(笑)
んで、その数日前ご飯食べてる時に、「あやぼちゃんお誕生日だったんだんだよねー」なぁんて話てて、「へー。いくつになったの?」「お、俺と同じ年だったのかー」なぁんて会話。
そして金曜日。仕事でちょっと遠出してた旦那せんせは、「今から帰るよー。疲れたー。もうグリーンシート乗っちゃう!しばしのセレブ」なぁんてくたくたになりながら帰ってきた。
帰ってきた旦那せんせ。「あやぼちゃん誕生日って言ってたから。これ明日持って行きな」って、千疋屋の袋を渡してくれた。

きゃぁぁぁああああ♡
なんて素敵な旦那さまなのでしょう。なのでしょう。素晴らしすぎて優しすぎる!!!

旦那せんせが輝いてる!

めっちゃ喜んでたら、「たまには俺も気が利くとよぉ〜」なぁんて言っていました。
あぁ、完全ノロケだけど、言いたい言いたい。書きたい書きたい。ってことで、わーるどわいどうぇぶに対して大きな声で叫んじゃう!
うーれしいーーー!!!

私にもよくお土産買ってきてくれたりするけれど、私の大切な友達を、一緒に大切にしてくれるって、ものっすごくものっすごく素敵で嬉しいことだと思うのです。
翌日、お友達と旦那せんせが買ってきてくれたマンゴーのロールケーキを食べながら、私って幸せだなぁって、しみじみ噛みしめたのです。甘さ控えめのケーキだったけれど、アタシにはあまーーーいケーキでしたとさ♡


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です