ブログテーマはGOSANなSANGO!

タイトル


ブログ工事しまーすの前回の記事通り、今回やっとでブログを結構整理しました。見た目も結構変えました。一応工事完了!
お知らせはここまで。

私のブログは、WordPressというブログシステムを使っています。WordPressは、ブログの記事とかは、データベースに溜めて行って、テーマと呼ばれるモノを使ってどんな風に見せるかを結構簡単にカスタマイズできるもので。。。ってまぁ関係ない人にはどーでもいい話なので、とりあえずその見た目を今回変えた。無料のテーマもたっくさんあるんだけど、今回は見た目も良くて扱いやすい有料テーマのSANGO

テーマ何にしようかなーと思いながら、SANGOいいなぁと思って友人に聞いてみた。

ブログで使ってるテーマSANGO?

ぷーこ

友B

違うよー。今はJIN。でもSANGOもいいテーマだよー
またブログいじりたい熱が上がってきてさー。

ぷーこ

友B

独自に組んだcssが崩れる程度だろうしあまり気にせず変えちゃったらいいよ。
まぁねぇ、でもカテゴリ整理したりSSL化したりしたいし色々やりたくまっちゃって

ぷーこ

友B

じゃあ、今月中リニューアルね!(勝手に締め切り)

なぁんて、いきなり動き出したのであります。ここまで読んで察しのいい人だったら分かるはず。この吹き出しの機能を使ってみたかっただけ(笑)このテーマはこんな吹き出し会話も簡単に書けるようになっているのだ!

んで、3連休あるしやるかーって思って、サーバのパスワードとかを探し出して、数年ぶりにサーバーログインとかしたよ。以前はさくらのVPN使ってたんだけど、いちいちサーバ周りのアップデートとか自分でしなきゃいけなかったし、某国からサーバ踏み台にされて悪さされそうになったタイミングで、やめたー!って思って、エックスサーバーのレンタルサーバに変えたら凄く快適。自分の部屋の掃除ですら苦手なのに、サーバ保守とかマジで向いてないわ。としみじみ思ったのでございます。
いつも通り話はそれましたが、そんなこんなで久しぶりにログインした。そして、PCにftpソフトも入ってないことに気付いた。何年使ってなかったのか(笑)テーマ以外にも色々ダウンロードしたりして準備完了。寝ようかなーって思ったけど、取り敢えずテーマのファイルをアップロードして、確認までして寝ようかなと思ったんだ。それがいけなかった。
アップロードして、WordPressの管理画面にテーマが出てきたのを確認した。よしよし。って思って、適用せずにプレビューモードで見てみた。「ふむふむ、こんな感じね。こんな感じで設定するのね。こんな色目かなぁ〜」なんて触って、最後に「適用して保存」ってボタンを押してしまった。テーマに対する適用&保存って思ったら、ブログがすでに変わってるやんけー!という事で、戻すのもなんだし、最低限の設定を慌ててした。

適用するつもりなかったのに、適用ボタン押しちゃったwww

ぷーこ

友B

嬉しいGOSAN

上手い!ウマすぎる!(笑)もうSANGOってテーマがGOSANってテーマにしか思えない(笑)
そんな嬉しい誤算と連休のおかげでやっとこさ細々といじったよ。ごっちゃごちゃのカテゴリをほぼ捨てて、記事のカテゴリも全部付け替えたし、エックスサーバーでは無料でSSL化出来るから早速やったし、.httaccess設定で転送設定もしたし、暗号化したから安心してお問い合わせフォームも付けた!
やろうやろうと思って数年放置してたのが結局2日で終わっちゃったわけです。あー、怠けてただけw
そして、折角変えたもんだから、こうやって更新しようかなー的な(笑)

代表カテゴリで「家庭菜園」って作ったから、せっかくだから更新しなきゃね!SNSでいつも書いてるから、何となく満足しちゃって更新怠りがちなんだけど、ブログって後から読み返しても中々いいし、書いて行きたいなって常々思ってはいるのです。思っていることが行動に伴うとは限らない(笑)


2 Comments

沙樹

リニューアルお疲れ様でした。
で、完成(?)おめでとうございます!

吹き出し機能いいですね。
ブログ書く楽しみが増えたようですので、次回の更新も早々にありそうで、楽しみです。

では(^^)/

返信する
ぷーこ

さすが!ばれてる!!!(笑)
どこまでブームが続くか謎だけど、今日も更新しちゃったーー(笑)
吹き出し機能いいですよねー!これ用に旦那せんせアイコンも作っておかなきゃ!ほかにも色々ショートコードというか簡単に表現できる機能あるみたいなので、順次試して行きたいです♡

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください