美味しすぎて悶絶!!!究極の黄身紹興酒漬け。

黄身の紹興酒漬け


毎年クリスマス前に、女子会改め、婦人会というものっすごい豪華でパワフルで楽しすぎるホームパーティーが開催される。もう楽しすぎてヤバいのだ。美味しすぎてヤバいのだ。

お料理上手の家主さんの手料理を始め、皆の持ち寄りの手料理の数々。蟹に白子に牡蠣にウマいハラミにグラタン、その他たっくさんのお料理と、デザートも!!!そしてそして酒の数々!!!!もう宴と呼ぶのにピッタリなもう思い出しただけで数杯飲める勢いの楽しいホームパーティーなのです。今年も10数人集まって多いにはしゃいでまいりました。アタシはお魚持って行って、ワインに合うようにカルパッチョ作ったよ。包丁持参。職質受けたらヤバかったな(笑)

そのホームパーティーで、去年に引き続き友達が持って来てくれたモノが、もうヤバすぎる美味しさで、今年も「うぎゃーーーー!!!!!」って言いながら食べてクネクネ悶絶で言葉を失った。

それが、黄身の紹興酒付けなのであーる。

今まで食べた事の無い食感。何と表現したら良いだろう。濃厚で、口の中で広がって、、、うーん、ウマく表現出来ない。一言で言うと「酒がすすむ」だな(笑)

そして、今年はレシピ教えてもらったよ!みんなにもぜひとも食べてもらいたい。ヴィックリする程美味しいから!ビをヴィって書いちゃう位美味しいから!!!

と言う事で、
【材料】
■卵 10個(というか好きな量で)
■紹興酒 100cc
■醤油 100cc
■砂糖 大さじ1
■すりおろしニンニク お好みで
■すりおろししょうが お好みで

【作り方】
1.生卵を殻ごと(というかそのまま)冷凍庫で一晩(12時間以上)凍らせる
(破裂した場合に備え、ジップロックに入れるのがおススメ)
2.常温(時期によっては冷蔵庫)で6時間くらいで解凍。殻を割って白身を洗い流すと球形の美しい黄身が登場。
3.醤油100ml、紹興酒100ml、砂糖大さじ1、すりおろし生姜とニンニクはお好みで混ぜ、卵黄を漬け込む。
※いちいち時間を計るのも面倒なので1日目冷凍、2日目解凍して3日めに漬け込みで十分OKです。

この神のような作り方を教えてもらって姿を現す物はですね。。。。

黄身の紹興酒漬け

どーーーーん!!!!!
こ、これだよ!これだったよ!!!!!
黄身がつるーんと手で持てる球状になるのはホント面白いし感激!黄身の水分が抜けて食感も味も凝縮されるのだとか!
(教えてもらった通り、ジップロックに入れて凍らせてよかった!ホントに全部割れてるかヒビ入ってた!)

これは死ぬ程ウマい。でもこのレシピを手に入れてしまったが為に起こる事。。。簡単に食べれてしまうのだ。止まらないのだ。ケーキに囲まれた環境でダイエット頑張ります!って言ってるかのように、我慢するのがしんどいのだ!ヤバい。ウマい。卵は1日1個までとか言うじゃないですか?もうね。。。ガマンデキナイYO!!!

と言う事で、これはおつまみの最終ウェポンということで、今晩我が家にもとうとう投下!!!デブ旦那の手が止まらないことは想像に易いので、小さなお皿に盛りつけて神々しく小金色のこの黄身をお出ししました(笑)

白身でメレンゲ

余った白身はメレンゲ焼いたりもしたけれど、大分余っております。ケーキはカロリー高いからダメ!と言う事で、白身だけのふわふわ卵スープにします。
※夏場は特にソッコー使って下さい!菌が沸いちゃうよ!


  


4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください