猫に薬を飲ませる大変さが400円で解消された

薬はきらーい


我が家のお猫様♀年齢不詳。
てんかん持ちなので、毎朝毎晩お薬を飲まなきゃいけない。抗てんかん剤だ。
保護されたばかりの頃は、食べるものがあればガツガツ何でも一気に食べていたので、餌にお薬を混ぜて1粒入れてても案外食べてくれてた。1週間もせずに、その小さな1粒をばっちり残してくれるように。
次はちゅ〜る作戦。猫がみんな大好きちゅ〜るさん。お皿にちょっとちゅ〜るを出して、お薬を置いて、さらにその上にちゅ〜るを出してサンドウィッチ作戦。

勝率3割な感じで、これまた綺麗にお薬を残してくれる。。。賢いな。

失敗した時に、ちゅ〜るの水分で少し溶けかかった薬を飲ませるのはさらに大変。お猫様の方が私よりも何枚も上手なのです。くっそーーー!
犬のミラクルやフォーチュンの時はお薬飲ませるの簡単だった!好きなお肉やパンに詰め込んで「はい」って渡すと「わーい!」って三噛み位で飲み込んでくれる(笑)我が家のお猫様はそもそも絶対に手から食べてくれない。そしてもっとそもそもな話、歯が1本もないので、お肉を一口でガブッなんてこと絶対にできないのだ(笑)
「お薬飲んでくれないと、発作出ちゃうよー!」こちらも必死。そんなこと理解するわけもないお猫様は、「これまずいもん!」とばかりに残してくれる。はうー。
薬はきらーい
フィラリアの予防薬みたいに月に1回とかだったら、この大変さでも何とか頑張ればいいけれど、持病なので、今後ずっと薬は飲み続けないといけないのだ。これは何か対策を練らねば。。。とりあえずすり鉢で擦って粉にすればいいのか?!
ちょっとネットで調べてみると、案外同じ悩み抱えている人多いのね(笑)ピルクラッシャーなる薬を簡単に粉にできるものが売ってた。
400円程度だし、ものは試しに買ってみた。
蓋を開けて薬を入れて、またくるくると蓋をねじって閉じると、「ごりごりごり」と潰される感覚がある。簡単。一回閉めただけではまだ荒いので、開くと閉めるの方向に交互にねじねじすると、「ごりごりごり」と簡単にさらっさらの粉々。
ちょっと親切設計で、上にキャップが付いてて、薬のストックボックスにもなってる。便利!

粉々になった薬をちゅ〜るの上にふりかけのようにさらさら〜とかけて「はいどうぞ」とお猫様に献上したら。「うまい。うまい。ちゅ〜るさいこー」とペロリと平らげてくれた。何この手軽さ。そして騙してゴメンみたいな気持ちがほんの欠片程度に湧いてくる(笑)
かりかりの上にふりかけても一緒にぺろりと食べてくれる(歯は無いくせに、カリカリはなぜか器用に食べるのだw)らっくちーーん!!!すんごい感激した。
今では、ごりごりってクラッシャーで潰し始めると「わーい!ご飯!ご飯!早く!ご飯!」って寄ってくる(笑)「これはね、あなたが大嫌いなお薬なのですよ」って内心思いながら、お薬ゴリゴリがご飯の合図となっている我が家なのであります。
薬飲んでくれずに困ってる皆様方、このピルクラッシャーはオススメでございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください