喘息外来行って来た。心も体も弱ったけど納得と共に復活!

ご心配おかけしました。励ましてくれてありがとう


ご心配おかけしました。励ましてくれてありがとう
喘息外来のある病院を探して行って来ました。
今日は発作も治まってたけれど、またいつ出るか分かんないのと、先日のぜんそく発作での救急病院行った時の恐怖心がどうしても治まらなかったので、もう今行くしかないと思って。
ちょっと病院から出る予定が遅くなったってコトもあり、午後から仕事の予定だったけど、お休みもらって、食べに行ってみたかったランチとか行った(笑)
たくさんご心配いただいてありがとう!!ぷーこはもう超元気です\(^o^)/

救急に行った時、「あれ、保険証がない!ないない!!」って超焦った。いつも保険証とか入れてるトコにないし、他に心当たりないし。。。今日病院行くから、昨日の夜もまた確認したけど、やっぱりない。
うーん。。。記憶をたどると。。。

2週間前、初めての発作が起きたときに、家の近くの個人クリニックに行った。うん。行った。そんで近所だったから、財布だけ持って行った。うん。そうだ。手ぶらに近い感じで行った。診察してもらって、処方箋もらって、処方箋薬局行って、お薬もらった。そこで2種類のお薬と&説明と、レシートと、おくすり手帳に張る用のシール。
かさばったので、ビニール袋もらった。中に全部入れて、おうちに帰って、お薬の紙袋2個と、おくすり手帳用のシールを取って、お薬手帳にシールを張って。。。

あ、捨てた。

保険証捨ててしまったらしい。。。
ということで、アタシは保険証を捨てるという大バカをやったようです。もうアホにも程がある。頭カチ割りたい。ガンガン頭カチ割りたい!!!
ということで、保険証の再交付の手続きしたものの、届くまで待ってるのも危険な気がして、今日も自費治療で病院行ってきました。(再交付終わったら、差額は返金してもらえます)

他の人の参考になるかはなぞだけど、備忘的意味も含めてちょびっと書いておく。

とりあえず病院行って、今までの症状を時系列で説明して、あとはもらった薬を全部伝えた。
先生から、「アトピーある?」って聞かれたので、「あります。」って答えたら、「あぁ、じゃぁ喘息出るね。」と。アトピーの人は喘息の割合が高いってのは知ってたけど、あら、あっさりね。とかって思った(笑)
そしたら、先生は紙に絵を書きながら、説明始めてくれたんだけど、「簡単に言うと、アレルギーが、普段は皮膚に出て、今回肺に出たってコトだよ。
アトピーが気管支に出たと思ったらいいよ。うん」って、何ともストンと腑に落ちる分かりやすい説明!!

喘息もアトピーもアレルギーの爆発
図にするとこんな感じ。根本のアレルギー体質があって、それがアトピーって形で皮膚に出る。それが風邪だったり、季節の変わり目だったりしたときに、気管支とか肺に出るんだと。
にゃるほど。息ができずに怖くて、今後もずっとこんなんと付き合わなきゃいけないのかと思ってたアタシは、これだけでものっすごく気が楽になった。
アトピーとは地道に付き合ってたけど、そんな感じで好きにはなれないけどうまく付き合っていけばいいのね。

んで、アタシが前にもらった薬とか点滴とかは、発作が起こったときに使う、いわば最終兵器。
気管支をエイヤッと広げるもので、副作用としては心臓に大きな負担をかけるってのと不整脈など。なので、それをなるべく使わないってのに越した事はない。
同じくアトピーで使うステロイド軟膏とかも副作用がある。細菌やカビ類に対する免疫力を弱めたり、ホルモンバランス壊したり、皮膚の組織を破壊したり。。。
まぁ、副作用うんぬんよりも、どちらも対症療法でしかなくて、発作を起こさないって方法ではなく、いつも爆弾抱えてるような状態。

喘息治療
ということで、今回は抗アレルギー剤とステロイド吸入。アレルギー体質なので、そのアレルギーを起こさないようにして、ステロイド吸入で気管の炎症を抑えるって方法です。

ステロイドってネガティブなイメージが
ステロイド吸入とステロイド軟膏、どちらもステロイドって付くので、効果とか副作用とかも同じように勘違いされやすいけど、それは全く違って、ステロイド吸入はほとんど副作用もなくて、世界的に喘息治療の第一選択薬として使われている。
アトピーの人が「ステロイドはダメだ」ってよく聞くから、これも怖い、危険って思いがちだけど、吸入ステロイド薬は経口ステロイド薬(軟膏とか)みたいに副作用の心配はない。
消化管とか肺から吸収された薬は、肝臓ですぐに分解されるってのと、直接気管と肺に投与となるから、薬の量が少量で済むからって理由らしい。
なので、安心して使っていいお薬なんだって。聞くまではアタシも「使い続けたら、気管支の皮膚がバキバキに分厚くなって行って危ないんじゃない?」とかって勝手な想像してた。

喘息初心者にしては、いろいろ学べたなぁ~(笑)
そして、アタシ的に一番必要だと感じたのは、いいお医者様を見つけるコトだと思う。
何事もプロフェッショナルに任せるのがいいと思う。
家探すときはよい不動産屋を、美味しいもの食べたかったらよいコックさんを、病気の時も「自分で知る」ってコトももちろん必要だけど、やっぱりよいお医者様を。
体弱ってる時に必ず弱る心も一緒に治してくれる。

喘息治療でお肌ぷるるん?!
今回は喘息の治療と思って行ったけれど、そんなこんなな治療のおかげで、季節の変わり目とかに顔を出すアトピーの治療にもなるってコトで、嬉しさとテンションが2倍になりました!!やっほーい☆つやつやになったらいいなぁ~(違w)


追記:そう言えば、ホントに辛いときにふと頭に誰か浮かんで、「あ、この人がアタシ好きだったんだ」
みたいなコトあれば面白いのに、救急病院でポロポロ涙出ながら、
全く持って誰も思い出さなかったアタシは、潤ってないなw



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください