ちょっと遠くに行っちゃったね。お誕生日おめでとう!

お誕生日おめでとー!


11月8日。生きていれば、ワンコ(♀)の9回目のお誕生日でした。
去年のお誕生日の時は、まさか翌年一緒にお誕生日を迎えられないだなんて、みじんも感じてなかったな。
わがままで人懐っこく、愛想振りまきながら気も強く、自分が一番で甘えん坊。そんな子(笑)この頃急に寒くなって来て、布団に潜り込んで来るワンコさんを思い出しながら、やっぱりまだ涙が出ちゃいます。
毎日毎日「まだまだしばらくは、そっちに連れて行かないでね。もうちょっとしばらくはママの側にいて欲しいんだ」って、ワンコ(♂)の健康を祈ってお願いしてる。おかげでワンコさん(♂)は今日も元気で食欲満点。よく転ぶし白内障進んで来てるって感じで老化は感じずにいられないけれど、毛並みの良さはきっとダンディーなロマンスグレー♡
触れられないし、まだまだ寂しいなって思わずにはいられないけれど、ずっとずっと大好きだよーーー!!!

お誕生日おめでとー!
↑今のワンコさん(♀)のすみかです。

さて、そんな誕生日の日。煩悩の塊で俗世で生きているアタシは、達観した感情なんてさらっさらもっていなくて、気が短い(笑)旦那さまに「今日さ、ワンコさん(♀)のお誕生日だったんだよね」と言った。ワンコさん(♀)との思い出が無い旦那さまとしては、どうしていいか分かんないんだとは思うけど、ちょっとした沈黙の後、「じゃぁ、今日は記念日だね☆」って言ったのですよ。そのときむっしょーーーーにイラッとして、「はぁ?何それ?何が記念日だね☆だよ。もういいや」とかってプイッとしちゃった。
何でそんなにイラッと来たか、今後のために自分なりに考えてみた(笑)
例えば、「今日は亡くなったおじいちゃんの誕生日だったんだよね。生きてたら90歳」とかって言われたら、多分「記念日だね☆」なんて私は思わないし言わないなぁと。「そうなんだ。どんなおじいちゃんだったの?」って、会えなかったその方の生前に思いを馳せる気がする。そして生きてる時の話を一緒にしながら、笑ったり寂しがったりしながら、その人を忍ぶと思うんだよね。
そうやって、定期的に亡くなった人を思い出したりその人のコトを話したりすることが、生きている側にとっての弔いだったり大事なことだと思うんだ。
「記念日だね☆」とかって言われても何も無い。「ありがとう」とか言えばいいんですか?的な。。。
私がイラッとしたのは、きっとそんな理由だったんだなぁと。ほら、女は共感を求める生き物だしね(笑)

そう言えば、ワンコさん(♀)の話になると、いつもそんな感じで、「ふーん」とかって感じで流されるので、一緒にいる時は、ワンコさん(♀)の話すらほとんど出せないし、ワンコさん(♀)のコトで泣く事なんて全く出来ない。私が悲しむ事や泣く事を嫌がるというか困ってあたふたするからだ(笑)1人の時に思う存分泣くのだけど。。。

そんな自分の気持ちを自分なりに考えて認識した結果としては、ワンコさん(♀)を知ってる友達と、お酒でも飲みながら、ワンコさん(♀)のコトをちょっとお話しながら、笑ったりほろっとしたりしたいなぁと思っているのです。友達各位、付き合ってちょ♡



お供えにもあげてる安納芋の焼き芋。ワンコさん(♂)もがふがふ言いながら食べまくってます。そんなに好きならネットでまとめて買おうかなと思うレベル。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください