ありそでなかったラグジュアリー着せ替え。ペンジャケットがすごくイイ!

スポンサード

おおぷ。おおぷ。
ちょっといいペースでブログ更新してたのに、これまた軽くサボったら、あっという間に2ヶ月も更新していないではないか!!!完全なる時間の無駄遣いで生きてた!ただいま!!!

そんなブログ更新していない中、すんごい久しぶりのブロガーイベントなんて行っちゃった!この頃はあまりイベントごとに参加してなかったけれど、「ぷーこさん、文房具好きだっけ?」と聞かれて、文房具めっちゃ好きなもんだから、前のめりに行ってきたー!!!
新商品発表会にお呼ばれして行ってきたのに、その後実家に帰ってたり、寝込んでたりと、すっかり2週間たってしまいました。2週間でもまだまだ新商品!(ごめんなさい)ということでレッツゴー。


あまり詳しく聞かずに行った「新商品発表会」なるイベント。どんな商品なのかもよく分からないまま行った。
会場は銀座のあの「伊東屋」。伊東屋×ぺんてるの合同商品発表会だったのだ。
ぺんてると言えば誰もが絶対に使ったことがあるあの文房具メーカー。私ももちろん使ったことがある。むしろ今も使っている。んで、そのイベント、最初よくわかってなかったもんだから、ぺんてるの新商品を伊東屋の改装された新しいビル(伊東屋は去年新しく建て替えている)の会場で発表するのかと思ってた。違ってたのだけれど。

伊東屋と言えば。。。福岡出身の私は数年前まで恥ずかしながら実は全然知らなかったのだけれど、伊東屋って文房具屋の老舗で、文房具界のブランド。文房具セレクトショップなんだけれど、フルーツで言うと千疋屋?プレゼントとかにも「伊東屋で買いました」って言ったら箔がつく感じのお店でございます。
去年の旦那せんせの誕生日の時に「プレゼント何がいい?」なぁんて話してる時に「特に思いつかないんだよねー」なぁんて言ってるところに、「じゃぁ、手帳カバーを伊東屋で買っちゃう?」って言ったら、「マジで?それめっちゃ嬉しいんだけど!!!」とテンション上がってました。(結局今度一緒に見に行こうーなぁんて言いながら、「今度。今度」と言っていたら、もう10ヶ月も経ってしまってる。。。ひゃぁ)

と話は逸れたけれど、今回の新商品、「ペンジャケット」という、今までありそうで無かった商品。
ぺんてると言えば、老舗の文房具メーカー。戦前までは筆の卸問屋だったらしい。戦後これからは「教育だ」ということで、クレパスに始まり、数々のロングセラーを生み出してきた。この話を聞いただけで何かグッときた。NHKの朝ドラとかにしてほしい。。。
そしてそこに「オフィシャルオケージョンで使えるペンがほしい」という伊東屋さんの提案でコラボしたのが今回のペンジャケットなのであります。
きっと誰もが1度は使ったことあると思う「サインペン」「ボールぺんてる」「プラマン」の3商品が今回のペンジャケットの対象商品。これの好きなどれかに着せることで、素敵なスタイリッシュなペンになるのです。まさしくジャケット着用!
なんでこの3商品なのかと言えば、「高品質・唯一無二の書き味」「手頃な価格」「どこでも入手可能」という理由から。確かにさらさらーーって書きやすいし気持ちがいいんだよね。
でも、それがおしゃれかと言うと決してそうじゃない。それがコラボすることによってこんなになるなんて。。。

簡単に例えるならこんな感じ。
我が家の3人
ジャケット着たら

書きやすくてシンプルなペンに素敵なジャケットを着せて、もっとオフィシャルなシーンでも格好良く持てるペンって発想いい!

実際のペンジャケットはこんな感じ
ペンジャケット

かっこいい!
カラーは伊東屋さんでよく使われている4色。
黒はマットグレーを再現した色。深い青はも結構使っている色らしい。白は真っ白じゃなくてセラミックよりも象牙がかった黄みのある色で、赤は伊東屋のクリップで象徴的な深い赤色。
全部素敵なんだけれど、第一印象は「赤がいいなー」って思って、でも実物を目の前にすると白が素敵だなぁって思って、でも長く使うことも考えると、この黒が欲しいなと個人的には思った。

商品説明
開発担当の方から聞く開発秘話みたいなのが、めっちゃ楽しかった。笑っちゃいけないんだけど、本当に大変そうですごく楽しかった。
度重なるデザイン変更とか、色を出す難しさとか、スケジュールの厳しさとか、笑って話してくださってるけど、めっちゃくちゃ大変そうだったけれど、それでもめっちゃくちゃ楽しそうだった。ものづくりするって本当にすごいな。
もともと「サインペン」「ボールぺんてる」「プラマン」の3商品は規格を合わせて作られたものではないので、それを1つの形のペンに収めるって、想像よりずっと大変なことだ。
ペン1本の中に、こんなにもぎゅーっと技術と工夫と努力が詰まっているのかと、正直感動した。

タッチアンドトライ
タッチアンドトライの時間に、実際にくるくるとかいてみると、めっちゃ書きやすい。ぱっと見は、ジャケット着ることで太くて女性にはちょっと持ち辛いかなって思ったけれど、実際に使ってみると、太さもちょうどいいし、そしてジャケットの重さが良い重点になって、手首が動かしやすくてかなり書きやすい!
もともと書きやすいぺんてるの水性ペンが、ますますさらさらと書きやすくなって思わず「おおぉーー」と声が出るね。

これはかなり素敵な新商品だとホントに思った!1本5,000円なので、100円のペンで全く不便感じたことないや!って人には全然関係ない商品だろうけれど、見た目から入りたがる傾向の私なんかには、めっちゃくちゃ魅力的!仕事の時のペンをこれにするだけで気持ち上がりそう!
プレゼントにもいいな。3,000円の贈り物だったら送りものにはちょっと心許ないけど、10,000円だとちょっと高い。だから5,000円って価格設定も絶妙と思った。
万年筆やボールペンなどは、個人で気に入って大事にしているものを持ってたりする人も多いけれど、この水性ペンだったらそこも被らない。
名入れのサービスもやっているので、プレゼントにもホントにぴったり。
旦那せんせには、去年の誕生日にプレゼントを買えなかったので、今年の誕生日には、伊東屋で手帳カバーと一緒にこのペンも一緒に買って差し上げようと思います。

軽食もいただきました合間でいただいた軽食がおしゃれで美味しかった!銀座の街中で、素敵なテラスの席で気持ち高鳴り、写真撮ってもらったけれど、トドのようなので、そこはアップするの自粛。

水耕栽培
10階では水耕栽培でお野菜作ってて羨ましい位素敵だった!このレタスが食べられるレストランも同じビルに入ってる。そしてこの水耕栽培の窓ガラス、改装前の昔の伊東屋ビルのガラスを使っているのだとか。
またゆっくり遊びに来よう。旦那せんせのプレゼント選びに文房具屋さんデート、なんかちょっとインテリな感じでいいね!(笑)


You may also like...

2 Responses

  1. 通りすがりの会社員 より:

    うわ~~ 久々のぷーこさんのイラスト♪     センスのない私にとっては「神」です(w

     私も昔は文房具店やらアメニティとかいろんなもの売ってるお店に入り浸って「目の保養」とかしておりました(もちろん必要に応じて購入とかもしていましたが)
     最近の本屋さんはCDとかレンタル系のお店と合体しちゃって1回足を踏み入れると出てくるまでの時間がハンパない!

    • ぷーこ より:

      あら、もう少し絵を書いてるつもりだけれど、そういえばカラーのイラストって久しぶりだったかも!!!
      文房具屋さんとか、雑貨屋さんとか、本屋さんとかって、もうテーマパークだから、時間がすごい勢いで過ぎていきますよねー!先日私は和食器のお店が樹海並みに抜け出せずに、抜け出した時は諭吉さんが行方不明になっておりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です