デュピクセント7回目投与日。季節の変わり目にちょぃ調子↓↓↓

ポツポツとアトピー出てる


今までのアトピー治療薬「デュピクセント(一般名:デュピルマブ)」に関するち投稿はこちらのデュピクセントカテゴリで見れます。

※今回は患部の写真は無いでーす

前回投与時は更新しようと思いながら更新しておりませんでした。そろそろ「今日は何回目だっけ?」みたいになってきて、自分の中でも曖昧になってきたし、実際最初の数回みたいに大きな変化があるわけではないので、回数に意味はないのかも。後は粛々と続けていくだけという感じかな。

ポツポツとアトピー出てる
前回の記事で「久々に痒くて掻いてしまったり、ポツポツと湿疹が出てしまったりしてた」と書いていたけれど、その状態が未だに続いていて、酷く悪化もしていないけれど、イマイチ改善もされていない。デュピクセント注射を打つ前に比べたら、格段にいいのだけれど、それでもつるんとなりきれない肌に「ぐぬぬぬ」と思ってしまう。「まぁ、大体いいし、いいんじゃね?」と体が怠けてる感じさえも感じる(笑)
一旦断食(ファスティング)等して体をリセットさせてから、生活習慣の改善をきちんとすると結構良いんだろうなぁと思ってるけれど、食欲の秋の欲求に負けて実践できていない(笑)。断食は正しい方法でしないと効果出ないどころか体によろしくないけれど、ちゃんとやったら、私には結構効果を実感できるんだよなぁ。なんかつるんとする(笑)。あと、今私史上一番太ってるけど、太ると体調悪くなるのも昔からだから、ダイエットしなきゃの警告だよなと思っているのだ。食欲と体調と、この両者がせめぎ合う中、つい食欲に走っちゃう私、体が怠けてるんじゃなくて、私そのものが怠けてる状況だわ。と、苦笑するしかない(笑)

風邪ひいても快適
注射が効いてこの調子なので、アトピーだけではなく、季節の変わり目の影響は色々出ている。まずは生理痛が重い。腹痛腰痛とかだけじゃなくて、気分の浮き沈み的なPMSがめっちゃくちゃ酷くて、気分的にも爆弾低気圧到来って感じだった。制御できないイライラとかすごくて、もう嵐吹き荒れてた。あとは気圧関連の偏頭痛。これも結構しんどいこと多くて、せっかく元気になったはずなのにと、ポンコツなハードを抱えながらソフトが暴走みたいな日が結構続いて嫌になっちゃった1ヶ月。
でも、そんな中でもデュピクセントのおかげで感じた良い変化もいくつかある。まずは「風邪をひいていない」だ。あ、風邪はひいたや。熱も結構出たか(笑)書きながら思い出した位なんだけど、痒みの軽減で睡眠の質が上がったおかげか、体力がついて風邪ひきにくくなったし、1度結構しっかりと風邪引いたけれど、38度以上(平熱35.8度位)熱が出ても気管支が全くやられなかったおかげで、「これが普通の風邪の感覚か!」と、めちゃくちゃ楽だったのだ。風邪を引いても全然動けるし、仕事もできるし、もう目から鱗がぽろっぽろ落ちて、「風邪ってちょろい!」って思った(笑)これは完全にデュピクセント効果。日本でも追加承認申請中のはずだけれど、国によっては気管支喘息剤として承認されているデュピクセントは、こんな効果もあるのかと感動した。

汗かきBBA
あともう一つ、体の変化としては、めっちゃ汗っかきになった。そう言えば私ってめちゃくちゃ汗かきだったわ。昔アトピーが少し落ち着いていた時にあまりにも汗をかくもんだから、「これって甲状腺の病気じゃないか」と思って検査に行ったことがあった。結果、「ただの汗かきでーす!」ってなって嬉しいやら悲しいやらだったのを思い出した(笑)アトピーが爆発的に酷くなってからは、「汗をうまくかけない=体温調整がうまくできない」で、毎日が発熱状態。自分の平熱+1度位の状態が数年続いた。これが今はご飯食べたら汗だく。歩いたら汗だく。もう毛穴がばーん!と全開状態で、おかげで熱がこもることも無くなり、ただの暑がりの汗っかきに戻った(笑)
寝る時に痒い&痛いだけじゃなくて、体が熱くて熱くて眠れず、「これって更年期なんじゃない?」みたいな症状も完璧に落ち着いたと思う。

そんなこんなで、停滞時期ではあるものの、薬の効果はばっちり感じている。PMSなどに関しては、緩く漢方なども取り入れつつ、うまく制御できたらなぁと思ってたりする。季節の変わり目が過ぎたら、次はめちゃくちゃ乾燥する季節の到来。保湿をしっかりしながらまた経過を報告いたします。

PMS対策で買ってみた。これで効けば値段も優しいし嬉しい。もう保険外診療の漢方はする気ないけれど、でもあの漢方のおかげでPMSが落ち着いてたのかも。アトピーよりもホルモンバランス整えるのに効果だしてたのかもなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください