ポン酢を手作りすると、冬の充実度が変わるぞ!

手作りポン酢が美味し!


残暑厳しい今日この頃ですが、わたくし既に冬準備です。冬野菜の種蒔き、むしろ出遅れている感もあり、慌てて種撒いたりしてる。まぁ育苗に失敗したら苗買えばいっかーって感じで、相変わらずテキトーな感じで趣味を楽しんでいるけれど!そんな冬準備、家庭菜園には留まらず。
冬と言えば何ですか?鍋ですよね?いや、疑問形ではないです。鍋です。断定です。鍋と言えば何ですか?ポン酢ですよね?いや、ポン酢です。ポン酢なんです。ポン酢って美味しいよね。私は酢が苦手なんだけれどポン酢は大好き。酸っぱいのが苦手なんじゃなくて、酢酸が苦手らしい。ポン酢は最高に好き!
ポン酢を手作りしたら美味しいという話は昔から聞いたことあったんだけれど、うちには柑橘が生えている庭も無く、果樹園も無いし、美味しいと言われるポン酢を買っては「ここのポン酢美味しいー!」なぁんて、「ちょっといい調味料買う主婦」な感じで過ごしていたんだけれど、去年たまたま義母からすだちを20個位貰った(義母の実家が四国)。わーい!って思って、色々絞ろうかと思ってたんだけれど、同じタイミングで友人から「いる?」とすだちを15個位もらった。こんな事って中々ないし、作ってみるか!と思い立ってすだちポン酢作ったら、言葉にならないくらい美味しすぎて、もう手作りポン酢無しには生きられない体になってしまったのであります(笑)

これが作った時の投稿。瓶がデカすぎて「もっと作ればよかったー」ってなったけど、実はかなりの量。作ったばからりの時はフレッシュだけど荒々しくて酸っぱい。人間で言うと子供から大人になりかけの反抗期の中学生みたいな?


それから寝かすと、まろやかーになってコクが出て、美味しさが爆発する!マジ爆発!ただの鍋が料亭っぽいと言うか、めっちゃご馳走になる。本当に美味しい。使い切る最後辺りはとろみも出て本当に熟成ポン酢って感じだった。


そんなこんなで、今年も絶対作るぞ。そして去年よりもたくさん作るぞ。とは決めていた。上記のポン酢、作るときに貰った35個ではもうちょっと物足りないと、追加で15個程すだち買っていて、1個50円だったから、たくさん作ろうと思うとかなり掛るよなぁと思って、美味しいすだちをたくさん買うのを考えて、皮に傷が入っているようなB品を探してみることに。そんな時にはメルカリ先生。困った時にはメルカリ先生。すだち農家の方が直販でメルカリで出品されているじゃあーりませんか!と言うことで早速買ってつくることにした。その事をSNSで書いてたら、友達が「レシピ知りたい」とかってコメントくれて、去年作ったレシピを探してみたけれど、見つけられなくて、自分の来年へのメモを兼ねてポン酢作りを書くことにしたよ!

って前置きが長すぎるー!すんません(笑)

【材料】
すだち(柚子でもカボスでも好きな柑橘) 好きなだけ
醤油 柑橘と同量
みりん 果汁の2,3割かなぁ。 柑橘:醤油:味醂=10:10:3 な感じ。
鰹節 好きな量。濃い出汁を取る感覚で多目が美味しい気がする
昆布 同じく好きな量。こちらもしっかり出汁取るつもりで。

もう材料がテキトーだけど、まぁテキトーだ。
ポン酢の材料

今回はこんな感じ。みりんは全部使わないけれど、他は全部使うよ。お醤油は初めて使うチョーコー醤油の超特選むらさき。九州人の私としては「むらさき」と言われたら「寿司紫」って言われるドロッとした刺身醤油を想像しちゃうんだけど、そうじゃないらしい。この醤油選んだのは、近所のスーパーで買えた1番美味しそうな醤油だったから(笑)去年のポン酢で使ったのは井上の古式醤油。こちらも美味しそうって理由で選んだよ。


みりんはこちら。美味しくてめっちゃ好みで、これ使うと私は料理には普段ほとんど砂糖を使わない。みりんの甘味で十分な感じ。美味しい。みりんは先に火にかけて1度煮立ててアルコールを飛ばす。そのままでも良いけれど、お酒が苦手な人にはは絶対かも。みりんもお酒だしね!
みりんはアルコール飛ばす

鰹節は、美味しいのを探そうとすると青天井なので、スーパーで買える鰹節で量で選んだ。鰹節コーナーには、鯖とか色々入ってるタイプもあるけれど、カツオオンリーの鰹節で!そんでもって、「鰹節は一度フライパンで煎ると臭みも消えて旨味も増すよー!市販のでも十分美味しい!」ってお寿司屋さんに大将に教えてもらって以来そうしてるけど、これでかなり美味しくなる。
鰹節は煎る

昆布は頂き物(笑)。利尻昆布の美味しいやつ!利尻でも羅臼でも何でも良いけれど、常温で少し時間をかけて出汁を取るから、「出汁昆布」的なさっと出汁が取れるのは避けた方が良いんじゃないかなとか思ったり思わなかったり。
そんなこんなで、お醤油とみりんと鰹節と昆布を合わせて一晩置いておやすみなさい。
材料まぜまぜw


すだちがいっぱい!
どーーーん!
翌日すだちがいっぱい届いたよ。嬉しい。嬉しい。皮に傷が入っているとはいえ、お日様をたっぷりあびて、本当に美味しそうなすだち。メルカリのただのやりとりなのに「ポン酢に使うんですぅ〜♡」とかって嬉しくてキャッキャとメッセージしちゃう私。お人柄が滲み出る感じで、めっちゃ良い人で、「また近々絶対買うー!」と思う感じですだちトークとかしてたんだけれど、箱にパンパンに詰めてくれて1kgのはずが1.3kg詰めてくれた。嬉しい。
果汁を絞る前に一仕事。こんなに美味しそうな巣立ちをポン酢だけに使うのは勿体ない!と言うことで、皮の傷が付いていない部分を剥いて、ゆず胡椒ならず、すだち胡椒作ろうと皮を剥いた。
すだちの皮は拝借

皮剥いた後のすだちを絞る。1つずつ絞った方がいいんだろうけれど、私はスロージューサーでジャブジャブと(笑)薄皮部分とか入ると、苦味と雑味入るとかって言うけれど、翌日には濾すし、長い時間じゃないからまぁいいかなと思って、数十個の小さなすだちを1つずつ絞らずジューサーに投入。1.3kgのすだちで500ccの果汁が絞れたよ。手で絞ったよりも濁ってる。
すだち果汁500cc

数年使ってるジューサーはジュースよりも料理で超活躍してるかも。生姜とかも新生姜の時期に大量に買って果汁とか絞り出してる♡すんごい重宝!

そんな果汁を1晩寝かせた醤油、いや既に出汁醤油になっている所へドバドバーと入れる。
すだち果汁ジョイン

長々と書きながら、「材料混ぜる。以上」な訳ですよ(笑)
ポン酢の準備完了

最初の分量で書いている通り、果汁と醤油は1:1なんだけれど、醤油1リットル入れて果汁が500ccしか取れなかった。分量が合わなかったら出汁醤油で使おうとは思ってたんだけれど、何せ我が家の冬季を支えてくれるポン酢。すだちを追加で買うことにした(笑)メルカリで同じ人から買って「早々にお恥ずかしいですがこんにちは」みたいなメッセージを送って喜んで頂けるワタクシ。すだち果汁は後で追加するとして、ひとまず作った醤油多めのポン酢の仕上げ作業をば。
果汁を追加して、それからさらに1晩程置いてから、全部混ぜてる素材たちを濾していきます。1番大変と言うか面倒なのはここなんだよね。。。去年もすんごい面倒だったのを覚えてる。
濾します

熱湯消毒したお玉ですくってフィルターで濾していく。
ドモホルンリンクルかよ的なポタポタ

ポタッポタッって、ドモホルンリンクルかよ!?的な(笑)
ポタポタ落ちるポン酢

鰹節のかけら以上に、昆布の粘りとすだちのスムージーカスの方が邪魔して全然降りてこない訳です。ペーパーフィルターはやめて、リードに変更!ホントに「リードってべんりだな♪」です(笑)鰹節もリードで絞って絞って、さらに紙じゃないけどコーヒーフィルターを通して、ポン酢の出来上がり!ここに500cc位の果汁が加わるので、丁度瓶1杯のポン酢が出来上がる予定です。

ポン酢と出汁の残り
出来立てのポン酢は果汁の味が立っててそれはそれで美味しい。ちょびっとペロリとして美味しい予感にワクワクしたー♡3ヶ月ほど冷蔵庫で保存すると、滑らかぁ〜で濃ぃ〜くて円やかぁ〜で極上のポン酢が出来上がるのであります!ヤバいくらいに楽しみ♡

果汁を絞る前にコツコツと削いだ皮。こちらはすだち胡椒へ。
【材料】
柑橘の皮 好きなだけ
青唐辛子 柑橘の皮と同量
塩 柑橘の皮+青唐辛子の重量の20%

すだちの皮
今回削った皮が76g、青唐辛子が80gだった!ブラボー!と言うことで、お塩を30g入れて、まとめてミキサーでガーーーーってかけたった!こだわる人は皮をおろし金で削った方がいいかもだけど、わたしには十分。
すだちの皮&青唐辛子&塩

保存容器に入れてこちらも保存。ポン酢同様、最低1週間寝かせて、食べた方が美味しいらしいけれど、こちらも変化を楽しむのも楽しい。
すだち胡椒

そんなこんなで手作りポン酢でした(だんだんまとまりがなくなってきた。最初からかw)本当に美味しいので、気が向けば是非試してみてくださいませ。お友達各位においては、何か柑橘送ってくれたらポン酢にして半返しします(笑)

すだちと言えば、旦那せんせが前に振舞ってくれたすだち酎がとっても美味しかった!折角美味しいすだちげっとしたし、今年も作ってもらうべ♪と思って、ポン酢作るときに7個程とっておいた。そしてすだち酎というまんまの名前のリキュール(リキュールなんだ?!)を買って帰った
すだち酎

氷を入れて切ったすだち入れてすだち酎をどばーって入れるだけらしいけれど、知らない知らない。私は家でそんなに美味しいお酒は作れない!と言うキャラを突き通しているのです(笑)旦那せんせが作ってくれたすだち酎はとってもとっても美味しかったです!
すだち酎すだち入り

美味しい美味しい神山すだち、マジで全人類におススメしたい!勢いで書いたので、分からない事あればご連絡くださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください