フォーチュンありがとう! vol.1

天使になったフォーチュン


ワンコ(♀)としてちょこちょこブログにも登場してた我が家の愛犬。
2013年2月8日永眠しました。書き始めるとまだまだ涙が止まらないけれど、少しずつしっかり書き留めようとと思います。
うまく言葉にまとまらないし、内容(私的に)重いので、ちょっと。。。という方はスルーしてください。
落ち着いたらと書いていたけれど、全然気持ち落ち着いていないけれど、今のこの気持ちが自分の中で完結して昇華してしまう前に。

何度かに分けて書くけれど、たぶん私的にも気持ちがさらに重くなっちゃうので、途中で普通のいつもの日記的な記事も入るかもしれないし、はたまた重い気持ちで手が進まず、滞ってしまうかもしれないし、それはまだ分かりません。

天使になったフォーチュン

ワンコ(♀)の名前はフォーチュン。Fortune。頭文字が大文字ってのがポイント。「運命の女神」です。
2013年の2月8日金曜日、金曜日だし、ちょっと緊張してたコトが終わった日だったし、翌日(9日)はアタシの誕生日だし、結構上機嫌で帰宅しました。
誕生日の前夜祭気分で、「帰ってAmazonの欲しいモノリストなんてまとめよう♪」なぁんて思いながら、帰り道にシャンパン買って。。。

玄関を開けると、うちの犬は数回吠える。「おかえりーー!」と言う感じで。普段はホントに吠えないけれど、チャイムが鳴ったトキと玄関あけるときは必ず吠えるんだ。チャッチャッチャッってフローリングを駆けて跳ねる爪の音が日常。
そして、玄関で靴脱いで、「ただいまーー」って言いながら、私は部屋への扉を開くんだ。そしてきゃっきゃと出迎えてくれる犬たち。
これが当たり前すぎる日常。ホントにいつもの光景。「いい子してたー?」って言いながら頭撫でながらコートを脱ぐ。毎日当たり前の毎日だけど、玄関を開ける時って少なからずドキドキするし緊張するんだ。
あの地震の日、家具が倒れてて下敷きになってたらどうしよう。とか考えると、2時間かけて歩いて帰りながら心臓がバクバクして、玄関開けるのがものっすごく怖かった。鍵を開けるがちゃがちゃって音に反応して、2匹が吠えたときは、ホッと力が抜けて座り込みそうだった。
それなのに、2月8日はフォーチュンだけが飛び出して来なかったんだ。ワンコ(♂)だけがいつものように飛び出してきて、フォーチュンの姿が見えない。
時々寝ぼけて出遅れてモソモソっと布団から顔を出すコトあるから、また寝ぼけてるのかなって思った。
「フォーチュン、ただいまー。寝てんのー?」ってもこっとなった布団を引っ張ると、「ずしっ」って、ただの重さだけが返ってきた。
「フォーチュン??」ってびっくりして心臓凍り付きそうになりながら、名前呼びながら布団をはがそうとしたら、ぐるっぐるに掛け布団が絡まってる。ただ事じゃないと「フォーチュン!!!」って叫びながら布団はがそうとして外れない、「ちょっと待って!!!何?何?どうしたの???」って叫びながらハサミ持ってきて掛布団カバーを切り裂いたんだ。

中から、ぎゅうぎゅうに掛布団カバーに巻き付いて動かなくなってしまったフォーチュンが出てきた。むわっとした汚物の臭い。首が締まった時に失禁をしたんだろう。
心音を確かめると止まってる。私は泣き叫びながら大きな声で名前を呼びながら心臓マッサージをしたんだ。泣き叫びながら心臓マッサージした。胸に耳を当てると、鼓動の早くなって全身がバクバク言ってる自分の鼓動が伝わって来て、心臓が動いてるように感じる。「人工呼吸!!!」って思って口開こうとしたら、窒息した時に舌をぐーーーーって噛み締めた口はがっちり動かない。「口開けて!!、フォーチュン!!!起きて!頑張って!!!」って心臓マッサージをしたけれど、もう息を引き取ってるのは頭のどっかで分かってたんだ。。。

頭掻きむしって、じっとしてられなくて名前とか叫びながら悶えて、揺さぶって起こそうとして、そんな感じで私はだいぶ混乱した。目に見えて認識していることがどうしても認識できなくて。。。

「ねぇ〜、フォーチュンってばーー」って泣きながら抱いたけど、フォーチュンってば動かないの。。。もう血が逆流するほど泣き叫んで呼んだけど、ピクリとも動かないの。。。
抱っこしてソファの上に連れて行って、辛い体勢からいつも寝てるように横になって寝せてあげて、呆然としながらフォーチュンを見てた。たまらない感情と別で、頭だけ異常に冷静になって、「フォーチュンは死んじゃったんだ」って思いながら、「あ、8時(20時)過ぎちゃった」って思ったんだよね。お世話になってた動物病院は20時で閉まる。あ、病院終わっちゃった。急いで電話しなきゃって、財布から診察券を出して病院に電話した。「遅くにすみません。」って、帰って来てからの経緯を説明して、お葬式できる場所を紹介していただけますか?って冷静な質問を、そしていつもとっても優しい先生の声に泣きだして冷静になれない感じで聞いた。先生は2カ所、名前と電話番号とそこの特徴とかを教えて下さって、すごく暖かく惜しんで下さって、電話を切った。電話を切った後はしばらく呆然としながらフォーチュンを見ながら、またもう1回泣き叫んで名前を呼び続けちゃった。。。



ブログにちゃんと書こうとして、やっぱり詰まるね。少しずつ少しずつ。
文章もまとまらないし、書いてるとそのトキの事がどばっと私の中で映像で蘇るのでとても辛いです。
でも、忘れたくない大事な大事な事なので。。。SNSで流れちゃう投稿の1個にしたくないので、続けます。


3 Comments

通りすがりの会社員

 ワンコさんの名前出るのは初めてだと思います。
今までブログ読ませていただいて、見えはしないけどぷーこさんの後ろに見えてるような気がしてました。

 のでちょっと「さみしい」です。

 
この記事も朝イチで携帯から読んで(ガラケーなんで完全表示はできませんでしたが)ちょっと落ち込みました。


 遠いところからですが「合掌」

返信する
タスカル

こんばんは
何年も前からぷー子さんのブログを読んでるのですが
ワンコさんの事、残念です・・

わたしは、15年飼っていた猫を先月亡くし
何年かぶりに声をあげて泣きました。
ぷー子さんもワンコさんを凄く可愛がっていたので
悲しみは相当だったかと思います。

生きているものには必ず死を迎える時はくるし
そんなの当たり前にわかっていたつもりだったのに
絶対に自分より寿命が短くて
お別れする時は必ずくる事も わかってたつもりだったのに
自分のそばから居なくなってしまう事が
もう抱っこしたりチューしたりできない事が
受け入れられなくて信じたくなくて
子どもみたいに泣きました。

名前を呼ぶだけでも幸せだった。

ぷー子さん。
気持ちの整理がつかないのわかります。
ちゃんとご飯食べてますか?
ちゃんと寝てますか?
フォーチュンちゃんの事、沢山泣いてあげたら
今度は天国で幸せでいる事を祈ってあげてください。
私も遠くから祈ってます。
身体を壊さないように踏んばってくださいね!

返信する
yumi

フォーチュンのご冥福をお祈りいたします。

今度またぷーこさん家で遊んでもらうんや! と楽しみにしてました。重かったけど膝の上でなついてくれてすごくかわいかった。

ぷーこさんがどれだけフォーチュンのことを愛しているのか伝わってきました。

まだ整理はつかないだろうけど、少し休んでいっぱい休んでまた女子会しよう

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください