フォーチュンありがとう! vol.3

天使になったフォーチュン


フォーチュンありがとう! vol.1
フォーチュンありがとう! vol.2
の続きです。
いつものと違って重たい(私的に)内容なのと、まとまりの無い見苦しい文章なので、あれだったらなんだったらスルーしてください。

天使になったフォーチュン

泣きながら飲みながらよしよししながら、「ごめんね、ごめんね」って言ってる間に、メールとか電話とか貰ったりして、その度にありがたかったり悲しかったり、友達の声に感極まったりして泣いてしまった。メールには「落ち着いたら連絡すね」としか返せなかったり、途中からそれすら返せなくなった。
みんな優しいの。本当に優しいの。「辛かったらすぐに駆けつけてあげるから」とか、「力になれることがあったら言うんだよ」ってホント優しいの。イッパイ助けてくれようとするの。それがホントに嬉しくて、でもホントにどんどん辛くなって来て、返事すら返せなくなった。だって、「助けてもらいたい」んじゃなくて、願わくばアタシはフォーチュンを「助けてあげたい」んだ。アタシが助けてあげたかったんだ。どんどんどんどん「ごめんね」としか言えなくなって、フォーチュン辛くて苦しかったんだろうな。何で救ってあげれなかったんだろうと、かわいそうでかわいそうで。。。「助けてあげたいし、もっともっとお世話してあげたいし、もっともっと遊んであげたいし、もっともっと色々やりたいんだ」って、何も助けすら求めないフォーチュンが動かないのが許せないってか、じれったいってか、時々、「ねぇー!フォーチューン!!!」って時々揺さぶってしまう。。。

泥酔するまで夜中まで飲んで、もうアルコールと涙でぼろっぼろになって、そして、「よし、ちょっとは寝ようか」ってフォーチュンを抱えてベッドまで連れて行って、いつもみたいに腕枕して、いつもみたいにワンコ(♂)はアタシの股に来て、最後に3人で寝た。少しでも私の臭した方が嬉しいかなって思って、洗濯する前のバスタオルを脱衣所から持って来て、軽く包むようにかけてからお布団に一緒に潜った。フォーチュンはフレンチでもそんなにいびきをかかない子で、ホントいつもみたいに寝てるみたいだった。硬直して冷たくなってるのに、ブルドッグの口元のぷにぷには筋肉じゃないから固くならないんだ。普通に柔らかいの。撫でながら撫でながらアタシも泣きながら寝た。

朝6時過ぎに目が覚めて、目の前の現実を再認識した瞬間の血が遡るような絶望感は、もう何とも表現しがたい。吠えるように泣いた。もう近所とか迷惑とか考える余裕も無く、だだをコネるように泣きまくった。寝てるようなフォーチュンは冷たくて、ガスがたまって来てお腹がぷっくり膨らんで、そして「ぷくぷく」って小さな音を立てて、お鼻から血が出始めた。亡くなった人の鼻に詰め物するってこういうコトなのね。。。ぷくぷくって鼻から音立ててる様子が、よく鼻水をぷくぷく言わせながら鼻から出してるのと似てて、「ぽぽちゃん(フォーチュンの略称)、お鼻出てるよ」って言いながら、包んであげてるタオルの端で拭いてあげながら、お目目さましてよって思ったんだ。

夜中にいっぱい届いてたメールに返信も出来ず、しんどくて、でも返信が必要な話もあったりで、返信しなきゃなものには「落ち着いたら連絡します」って返信してそれだけで疲弊して、また静かな部屋で「今日お別れしなきゃいけないのかな。今日の夜までまた一緒にいたらだめかな」とかって、生きてないって分かりつつ別れるのも辛い葛藤がぐるぐるぐるぐる頭を回ったけれど、フォーチュンの体がもう無理だよって無言で言ってた。「うん。うん。そうだよね。あーくーしゅ」って前足握って握手して、(よく「ねぇ、ねぇ、」って前足でちょんちょんして来るから「はい、握手」って言って握手をしてた。「お手」でも「握手」でもお手手くれる子なの)またそっとタオルで包んだ。

そんで8時を回ってたから前の日に動物病院から紹介していただいた、大事に弔ってもらえるだろうって思えた霊園に電話を掛けた。「昨日息を引き取りまして」って言葉にしたらそれが自分の耳から入って来るものだから、また言葉に詰まった。12時に迎えに来て貰い、13時から葬儀をしてもらうことになった。あと4時間かぁ。。。とかって思って、「もう少しおねんねしてようね」って、一緒にベッドに横になった。

8時半過ぎた時に友達からLINEが。「行って上げようか?」でも、「何か出来る事ある?」でもなく、「わがまま言えるなら私もフォーチュンの顔が見たい。でも一人で居たいかもしれないので遠慮なく断って」と。もちろん会いたいって気持ちもあるだろうけれど、なんて優しい心配の仕方なんだろうと、心震えて泣いた。そしてアタシは、それでも「来て欲しい」って言い方も出来ず、12時に迎えが来るので、それまでだったら会えるってコトと、もしくは一緒にお見送りに行くのも大丈夫な旨返信したんだ(どんだけ上から的だよって感じだなw)。そしたら友達は一緒にお見送りに行ってくれるって言うんだ。ありがたくてありがたくて。。。フォーチュンに「よかったねーー。今日も○○ちゃん来てくれるよー!△△ちゃんもお花持って来てくれるよーー!よかったねーー!!!」って言って、フォーチュンも大好きな友達が家に来てくれる事を心底喜んだんだ。



まだまだ全然終わらないけれど、ホントに長くて長くてそしてあっという間の日で。。。自分のために続けます。
今日は金曜日。1週間前に帰宅したときのコトが蘇って来てぐらって来たけれど、何だか仕事バタバタした日だったので良かった。お腹だけは壊しっぱなしだったけれど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください